logo_top

製品・技術

センサーチップ

酸化還元反応を測定できるセンサーチップです。
電極1本1の本数、太さなどの要素で感度が決まってきます。
そのため、現在は微細なラインを形成するために半導体技術が用いられてますが、弊社の技術は半導体技術を用いなくとも微細なラインを形成することを可能にしました。
そのため1枚あたりのコストを最大限まで抑えたいという要望や、研究段階で、まずは少量で試作からという様々なご要望に応えることができます。

また酵素など付着させる加工を行うことによって血糖値などの測定を行うことが出来ます。

酵素等がつきやすい膜質も選択できます

櫛歯状パターン (L/S 2/2μm)
(仕様素材/設計などにより異なります)

櫛歯状パターン
 
□型、○型両方できます
櫛歯状パターン

pageTop